インターネットのメリット

インターネットのメリット

インターネットはグローバライーゼション インターネットはいつできたのでしょうか?今じゃ私たちの世界に最も必要不可欠なインターネット。この素晴らしいテクノロジーはいつできたのでしょうか?インターネットは地球上どこからでも誰にでもアクセスできます。別に日本人が日本の銀行で預金する必要もなく、日本のスーパーでものを買わなくていいのです。逆を考えてみてください。もしあなたが銀行員なら、どこかよその国の銀行員と、生産性を競争しなければならないのです。これにより競争は激化し、生き残りが大変になります。マイクロソフトがパソコンにインストールされている事実です。メールやメッセンジャーの普及により、簡単に人とコミュニケーションできます。インターネットには、サービスがインターネットに対応することにより、飛行機やホテルの予約、銀行の取引、保険の購入を初めとしてさまざまな取引をインターネットのみで行えます。   ネットのメリット ネットは便利ですよね?メリットですが、情報の流れが非常にスムースになり、どんな情報も比較的簡単に入手できます。90%以上のユーザーが米国の検索エンジンを使用している事実。これらの広告収入はすべて米国に流れているという事実。これが、今後、一般の方々の生活にも大きくかかわってきます。誰もが無縁ではいられなくなると思います。インターネットの普及で今ではなんとオンラインカジノもできます。 ネットデメリット 情報やサービスがインターネットで利用できる反面、利用しない、できない人に対する差別は広がっていきます。簡単なところで、ドコモのeビリングというサービスは、パソコンや携帯のiモードを契約している人だけを対象に、紙の請求書をなくすことで100円引きを行っています。多くの銀行でも、インターネットでの振込手数料と、窓口での振込手数料は異なります。また、コミュニケーションが簡単になることにより、より深く人と交わることが少なくなります。じっくり人の話を聞くことが少なくなり、他の人から影響を受けにくくなります。

社会にインターネットは不可欠か?

社会にインターネットは不可欠か?

ネットワークは大事?インターネットは本当に必要か? インターネットが普及する時代になってから、インターネットのメリットとデメリットを述べる人がいるのなど、意見は三医療論ですが菅、自宅にインターネット環境があるのと無いのとでは大きな違いがあります。インターネット環境という、そのネット自体がいかに重要なことか述べたいと思います。それを理解すれば自宅にインターネット回線を引かないという選択はなくなるでしょう。 ここではなぜインターネット環境が重要かを下記の2点に絞って述べたいと思います。 1. より良い、豊かな人生を送るためにはインターネットは不可欠。 まず、インターネット環境があることで人生の選択肢の幅が大きく変わってきます。インターネットが普及したことにより、「人生の選択肢の幅」が大きく変化しました。これはまぎれもない事実です。インターネット上には、根拠があるにしろ、ないにしろ、様々な情報が溢れています。世の中にはネットのその情報の海に流されて、溺れてしまいそうな人も確かに世の中にはいます。いわゆるインターネット中毒者というものです。しかしもっと大きな視点で物事を見てみると、インターネットという情報の大海原に接続されていない人達はまるで孤島に取り残された人のようです。テレビや新聞、ラジオや雑誌などといった古くから存在している大きなメディアしか見ない人たちは、インターネットから発信している情報に触れることができないので、知る情報も制限があります。   インターネットは情報社会であり、無論や無根拠な情報もたくさん載せてあります。得られた情報が確かなのかどうかも立証する力を自分で身につけなければなりません。これはインターネットが存在して初めて言えることです。他人の言うことや、ネット上に拡まる情報を真に受けて人生の進む道を選択していくことになるわけです。また、興味も全くない誰かの日記ブログも、実は世の中で役立っていることもあります。インターネット環境を手に入れるというのは、喩えるなら知の移動、というように表現することができます。インターネットに触れるというのは。車が無ければ地方都市ではとても不便しますよね。ネット環境がないってのは、それと似たような現象です。自分から離れたところにある情報には、まったく触れることができないので、インターネットがあれば、まるで自分がそこにいるかのような気分にもなれます。自分がその情報源に近づくような何か大きな動きをしない限り、自分の身の回りから漏れ伝わってくる程度の情報や知識しか得ることができないのです。   2. 今の時代は人を楽しませることが主流。 2つ目にあげられる点としては、仕事です。現在、どの世界でもビジネスをする会社はインタ^ネットなしでは成り立たないと言っても過言ではないでしょう。たとえば一つの製品を見て、単なるゴミ箱だって、どんどんハイソに進化しています、テレビをとっても、どんどん薄型になり、大画面で高画質になっています。つまり、情報社会ではインターネットのような「なくても生きていけるけど、あったらすごく便利で楽しい」ものって、すごく重要度が高くなっています。たとえば、昔から言うパチンコ店は、中年のおじさんしか行かないようなイメージでした。それが今ではかなり進化し、広告に力を入れ、ホールも大きくきれいに改装されており、中を覗くと若い女性もたくさん見受けられるようになりました。これもインターネットの力と言っても過言ではありませんよね。またパチンコで遊ぶゲームやスロットが、今ではオンラインカジノと言って、インターネットの環境さえ整っておれば、誰でも簡単にオンライン上でスロットで遊ぶことができます。これもインターネットが存在するから、できたと言えるでしょう。

ネットワーク機能の概要

ネットワーク機能の概要

最後に仕事でパソコンを利用する人にとっては最も肝要な点となる、ネットワーク/管理者向けの機能強化点だ。まずは「BranchCache」。支店内でデータをキャッシュし、回線の総トラフィックを抑制する機能だ。この機能により、回線帯域が飽和する可能性が激減した。「DirectAccess」では、IPv6を用いてインターネットを経由し、安全にサーバへアクセスできるようになった。これにより面倒な設定を行わず、最善の環境で社内のサーバへアクセスが可能だ。また、拡張されたグループ・ポリシーの基本設定で、通常のグループ・ポリシーでは制御できない項目へもアクセス可能。VPNが切断された際にも、自動的に再接続をしてくれる。あらゆる局面に自動対応をすることができる。

Windows7総括

Windows7総括

以上がWindows7の大まかな機能強化点である。Windows10のリリースがあったにも関わらず、何故改めてWindows7の機能を再考する必要があるのか? それはWindows7の評価が未だに高く、あらゆる企業がまだWindows7を利用しているという事実があるからだ。Windows 10ではセキュリティ面での懸念点について多数の声が聞かれる。無料アップグレードを執拗に回避した人もいるくらいだ。今この時こそ、Windows7が持つ機能を徹底的に洗ってみるべきだろう。細かな配慮やユーザーの意見を尊重したソフトの開発。まさに原点回帰とも言えるだろうが、これこそが企業努力としての全てなのだ。人類の明日を支えるのはOSだと言っても過言ではない。

主要機能の概要 3

主要機能の概要 3

他にも追加・強化された点はたくさんあるので、一挙羅列してみよう。「UAC」でダイアログが出る頻度を低下する。「アクション・センター」を設け、トレイやタスクを整理し、画面上での操作性が向上。「システムの復元」を備え、どのプログラムが影響を受けるかを表示させる。それに合わせて、バックアップを組み合わせることも可能だ。また、そのシステムを回復できるオプションも付加される。「リソース・モニタ」でタスクから呼び出す機能が強化され、より詳細且つ正確な情報を得ることが可能になった。「VHDネイティブ・サポート」でVHDファイルの直接マウントが可能。VHDを処理する「ブート」の設置も見事だといえる。一つの機能に付随する多機能さに全く抜かりはないのである。

主要機能の概要 2

主要機能の概要 2

更に続けよう。速度が向上した理由の一つとして、先に挙げたとおりメモリの効率的な仕様がある。先代のVistaでは、バックグラウンドで様々なプログラムが同時に稼働している状況が多々見られ、メモリを余計に消費してしまっていた。その改善策として、Windows7ではユーザーが操作しない限りは、バックグラウンドでプログラムが勝手に稼働する事がなくなる仕組みを採用している。例を挙げてみると、Bluetooth機能が起動するのはBluetoothデバイスが接続された時のみに反応するといった具合だ。パソコンを操作する上で、メモリ消費に関する問題は非常に大きな課題だ。主要点の改善を真っ先に注視し、研究された努力は顧客に大変有益な形となって提供されたのだ。

セキュリティの概要

セキュリティの概要

主要な機能強化の最たる点として、「BitLocker」でドライブ全体を暗号化し、セキュリティを確保する機能が挙げられる。やはりパソコンを使用する上で、一番気になる部分がセキュリティだ。Windows7では、インストールをした際にブート用パーティションが自動的に確保されるため、これを用いてWindows OSのシステム・パーティション全体の暗号化が可能となった。この機能強化は万人に確実な安心感を与える事になる。更に「BitLocker To Go」を搭載し、USBメモリのようなリムーバブル・メモリのデータを暗号化して、安全に持ち運べるようにもなった。BitLocker To GoではUSBメモリ全体を暗号化し、復号するさいにはパスワードの入力が必須となった。

WindowsOS

WindowsOS

現代社会人でまず知らない人は存在しないであろう、抜群の知名度を誇るWindows OS。本項ではWindows10のリリースがされたものの、まだまだ主流であり、根強い固定ファンを持ち続けているWindows7を取り上げる。1985年にWindows 1.0が誕生し、それ以来多用なニーズと技術の革新性をもって発展し続けてきたWindowsは、先にリリースされたWindows10の誕生で一つの分岐点に立たされたのかもしれない。Windows7が既に完成形だとする声も一部聞こえてくるからだ。そのWindows7 OSについて掘り下げていく。

管理機能の概要

管理機能の概要

次にシステム管理機能強化を見てみよう。「問題ステップ記録ツール」でトラブル・シューティングなどのために、ユーザーの操作履歴や画面表示状態の記録ができるようになり、「信頼性モニタ」ではWindowsの問題レポート機能と併合され、トラブル発生時に速やかに適切な解決方法の提示が可能となった。「AppLocker」は、特定のアプリケーションを実行禁止する機能だ。これにより、先に挙げたメモリの消費をまた一段と抑えることができる。「監査機能の拡張」は、オブジェクトの監査機能が強化され、グループ・ポリシーを用い、より細かい監査が実現した。他に「PowerShell2.0」「RSATツール」が補強・追加され、管理環境は飛躍的に向上したのである。

Windows7OS

Windows7OS

Windows7は2009年10月22日に登場した。1985年の誕生から数えると、7代目のWindowsである。先代のWindows Vistaより、美しいインターフェースを引き継ぎ、操作性・互換性などが向上し、更にはVistaユーザーの意見を多く取り入れ、非常に完成度の高いものとなっている。まずは基本的なOSの能力を見極め、それをどう向上するかを検討した上で、単独的な企業視点のみを押し通さず、ユーザーの意見をしっかりと取り入れ、分析する事により、理想を少しでも現実化しようとする姿勢は本当に素晴らしい。この流れは意外に頭では分かっていても、組織として実現させるのは難しい点でもある。これを忠実に実行し、Windows 7は不動の位置を得た。