Windows7では、メモリを効率良く使うシステムを補強。また、従来品よりもマルチコアに最も適しているシステムを用い、OSやアプリケーションの高速起動を実現している。円滑にウィンドウを切り替えられるといった操作性もあり、同じ条件を有するパソコンでも、先代のVistaを使うことに比べれば、Windows7を使う方が総合的に性能が高くなると言える。当時は革新的だった3Dゲームのベンチマークテストに於いても数%の能力向上が検証された。他に、ブルーレイのような高精細動画の再生も、Windows7ではCPUに掛かる負担を軽減する構造になっている。パソコンでの作業中にストレスを感じさせなくする事に徹底した仕様に、Windowsユーザー皆が歓喜した。