社会にインターネットは不可欠か?

ネットワークは大事?インターネットは本当に必要か?

インターネットが普及する時代になってから、インターネットのメリットとデメリットを述べる人がいるのなど、意見は三医療論ですが菅、自宅にインターネット環境があるのと無いのとでは大きな違いがあります。インターネット環境という、そのネット自体がいかに重要なことか述べたいと思います。それを理解すれば自宅にインターネット回線を引かないという選択はなくなるでしょう。

ここではなぜインターネット環境が重要かを下記の2点に絞って述べたいと思います。

1. より良い、豊かな人生を送るためにはインターネットは不可欠。

まず、インターネット環境があることで人生の選択肢の幅が大きく変わってきます。インターネットが普及したことにより、「人生の選択肢の幅」が大きく変化しました。これはまぎれもない事実です。インターネット上には、根拠があるにしろ、ないにしろ、様々な情報が溢れています。世の中にはネットのその情報の海に流されて、溺れてしまいそうな人も確かに世の中にはいます。いわゆるインターネット中毒者というものです。しかしもっと大きな視点で物事を見てみると、インターネットという情報の大海原に接続されていない人達はまるで孤島に取り残された人のようです。テレビや新聞、ラジオや雑誌などといった古くから存在している大きなメディアしか見ない人たちは、インターネットから発信している情報に触れることができないので、知る情報も制限があります。

 

インターネットは情報社会であり、無論や無根拠な情報もたくさん載せてあります。得られた情報が確かなのかどうかも立証する力を自分で身につけなければなりません。これはインターネットが存在して初めて言えることです。他人の言うことや、ネット上に拡まる情報を真に受けて人生の進む道を選択していくことになるわけです。また、興味も全くない誰かの日記ブログも、実は世の中で役立っていることもあります。インターネット環境を手に入れるというのは、喩えるなら知の移動、というように表現することができます。インターネットに触れるというのは。車が無ければ地方都市ではとても不便しますよね。ネット環境がないってのは、それと似たような現象です。自分から離れたところにある情報には、まったく触れることができないので、インターネットがあれば、まるで自分がそこにいるかのような気分にもなれます。自分がその情報源に近づくような何か大きな動きをしない限り、自分の身の回りから漏れ伝わってくる程度の情報や知識しか得ることができないのです。

 

2. 今の時代は人を楽しませることが主流。

2つ目にあげられる点としては、仕事です。現在、どの世界でもビジネスをする会社はインタ^ネットなしでは成り立たないと言っても過言ではないでしょう。たとえば一つの製品を見て、単なるゴミ箱だって、どんどんハイソに進化しています、テレビをとっても、どんどん薄型になり、大画面で高画質になっています。つまり、情報社会ではインターネットのような「なくても生きていけるけど、あったらすごく便利で楽しい」ものって、すごく重要度が高くなっています。たとえば、昔から言うパチンコ店は、中年のおじさんしか行かないようなイメージでした。それが今ではかなり進化し、広告に力を入れ、ホールも大きくきれいに改装されており、中を覗くと若い女性もたくさん見受けられるようになりました。これもインターネットの力と言っても過言ではありませんよね。またパチンコで遊ぶゲームやスロットが、今ではオンラインカジノと言って、インターネットの環境さえ整っておれば、誰でも簡単にオンライン上でスロットで遊ぶことができます。これもインターネットが存在するから、できたと言えるでしょう。